オリゴ糖のおかげ

オリゴ糖って試してみる価値あるよ

オリゴ糖による便秘解消効果

私の妻が妊娠中のとき、よく便秘気味になりました。

そんな時お世話になったのがオリゴ糖で、ヨーグルトなどに混ぜて食しますと途端に快便になったそうです。

オリゴ糖の特徴としまして、ビフィズス菌の食料にはなるのですが人間には吸収し辛いという特徴があります。

としますと長く体内に留まる事が出来ないため身体は排出しようとします。

オリゴ糖を食べ過ぎるとお腹がゆるくなるのはこの為だと考えられます。

その特性は便秘にも有効で、整腸作用に加え、排便を促す作用もあるので2重の効果があるといえます。

実際にそれを利用した幼児用の便秘薬もある程なのです。

ただし気をつけたいのは腸の蠕動運動というのはストレスや体調によっても変わるものです。

オリゴ糖の便秘解消能力はかなりのものなので人によっては逆に下痢などを引き起こすこともあり注意が必要となります。

事実私などは下痢を引き起こしました。

しかしながらその下痢は普通の下痢と違いすぐに収まりました。

あとはビフィズス菌が増えていき体調は前より良くなりました。

この様にしてオリゴ糖の便秘解消効果が実証されたわけですが、オリゴ糖を普通の砂糖と同じように摂取してはいけません。

先程も説明した通り、オリゴ糖というのは人間には吸収するのが難しい糖分なのです。

しかしながら母乳や牛乳などにも含まれていることから、腸内細菌には必ず必要ということになります。

一見矛盾を含んでいると思うのですが、共生という形で考えるなら、私達はビフィズス菌にも食料を与えなければならない訳です。

という事は必ず摂取しなければならないのですが、その量を考えて摂取せねばならないということになります。

その量は人によって変わるでしょうから、正確に出すことはできませんが大人で一日に約70?

90グラムと言われています。

整腸目的だけを考えるなら1日5グラム程度づつ摂取すれば充分だと言われています。

オリゴ糖が体に与える影響をチェック

そんなオリゴ糖のことがわかるサイトが上記に記してますので参考になさってください。

さて、ここまでの説明で理解していただいたと考えますが、この糖分はある意味サプリメントに近い性質を持っている事がわかります。

実際にサプリメントによく使われていますのでそちらもご利用なると便利です。

Comments are closed.

© 2015 オリゴ糖のおかげ